Dear Cute

イラスト・音楽などなど、趣味に埋もれたブログです♪ 雑記に埋もれることも・・・w

プロフィール

雪路(ゆきみち)

Author:雪路(ゆきみち)
けもみみ大好きなへぼ野郎です^^

【好きなこと】
イラスト書くこと
音楽(最近は聴くことオンリー)・ボカロ(初音ミク)
グッズを作ったりすることを考えること←

基本的に創作人間です^^

仕事の合間に頑張ります♪

【好きな漫画家・イラストレーター】
この人だ!!っていうのは最近意識してないです。
自分の好きな感覚にぶち当たったイラストが、私の好きなイラスト。
なんとも難しい…(笑)

タグのプロフから細かなプロフみたいなものに飛びます♪

※ここにあるイラスト・音楽は無断で転載・使用するのはやめてくださいね。

制作環境
【イラスト】
 得意画
   二次元萌え系イラスト。けも耳・女の子(少女に限る)
 練習中
   デッサン風鉛筆画(ポートレートデッサンと命名)

音楽
  作曲:Domino
  歌 :初音ミク(今は何も作って無いけど…)
  編集:Wavy・Sound engine free・Audacity・午後のこ~だ

どれもかじっては辞めーの中途半端ですが;;


拍手レスはこちらから!




最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ランキング

参加中☆
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

秋葉原ネット

blogram投票ボタン


ぽちぽちっとお願いします♪

FC2ブログランキング

FC2カウンター

エディタコミュニティー

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

マイボイス

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

Twitter

ふぉろーみー☆

ぷよぷよ

ブロとも一覧

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

を契約しました、ちょっと前に(あ

今現在、私はauのデータ通信をメイン回線に、サブ回線に、Biglobe3gを契約していました。

私が使う、auのデータ通信は、実質利用制限・速度制限がない、DATA06を使ったモバイル回線です。
細かく言えば、極度の通信量に対しては、速度制限がかけられますが、数分すれば速度は戻ります。
なので、実質。

で、サブ回線のBiglobe3g。
auのデータ通信は、もうお家に備え付けの回線として、常用しております。
別途無線LANルーターをつなぎ、(もちろん2重ルーターになるので、ルーターは切って、無線LANアクセスポイントで利用)家中のネットワーク機器につないでおります。
そのため、持ち運びができない状態になってまして…(;´Д`)

なので、格安の今はやりの仮想移動体通信事業者(MVNO)提供のデータ通信を契約しておりました。
その一つがBiglobe3g。

月額3000円未満。
※プランによっては2000円未満にもできます。
ドコモの通信を使い、インターネットに接続できるようになるあれです。
格安で最大速度下り14Mbpsの高速通信が利用可のお得なプランです。
(利用機器の上限値による)

でも、これの最大の欠点は、通信制限・速度制限。
多量の独占通信を防ぐため、たくさん使う人には制限をかけてしまいましょうのドコモ同様のあれです。
これがね、いかんよね…。

確かに、公平な通信をするためには、制限も必要なんですけど…。

ちなみに、Biglobe3gは直近3日間の合計利用量が360MBを超えると、それを下回るまで、128kbps制限。
これは辛い…。
YOUTUBEなんかを愛用するワタシにはもう…。

今はどこもそうです。
月何GB超えると、制限とか何とか。
で、その中でも制限がないのが、
WiMAX。
どれだけ利用しても制限をかけられない、で有名ですよね。
でもね、残念ながら、私の地域では電波入らなのよ…。
独特のサービスエリアですからね。
なので、検証はできません。

で、「実質」制限がないのが、同じくMVNO、
ぷららモバイル。

ドコモの通信を使っている、仮想移動体通信事業者です。

ドコモのサービスエリア対応なので、どこにいても使えますね。
こちら、厳密には「制限なし」というわけではなく、上下の最大通信速度を制限した回線となっております。
それが下記。
下り 1.5Mbps(ドコモ標準は「14Mbps」
上り 500Kbps(上りに関してはHP上では表記ありませんでしたが、いくつか検証した結果、500前後で落ち着いていました)

基本の通信速度はこれしかないですが、いくら使ってもこれ以上速度制限はしませんよ、というのがぷらら。
とは言いましても、1.5Mもあれば、たいていのことはストレスなくできます。
そう、YOUTUBEも。
途中、たまにバッファリング?で止まることはあっても、頻繁じゃないですし。

これはいいですよ。

そう、感想を述べてしまったんですが、ご覧の通り、ぷららモバイルも契約しました。
利用料は3000円ちょろっと。
Biglobe3gと同料金ですが、総合的にみて、これはいいです。

だってさ、ベストエフォートって言ったって、本当の速度が出ることなんてほとーーーーんどないんだから。
うちでだって、ドコモ使って7.2M(昔利用した際の数値です)の最大通信速度でも、基本700K〜1.5Mしか出ないんだし。おまけに動画なんて見れたもんじゃなかった。
だったら、「これこれ、ほんとに調子いい時こんなに速度出るんですよ!!約束はできませんが。でも使いすぎはダメよ」で3000円も取られるんなら、「うちはどんだけ頑張っても1.5Mしか出ません」って誓言してもらって、「だけどいくらでも利用していいよ」って同料金払ったほうがどれだけ良心的か。

いいんですよ。それで。

で、ぷららモバイルにしました。
私、そんな高速通信いらないもん。それよりかは、通信の質のほうが大事だもん。

で、試しました。
自宅で使う分にはまさに約束通り、1.5M出ました、それ以上は当然出ません。でも、いくら使っても制限はかかりませんでした。

当然、時間帯にもよります。
人がたくさん使う時間は、時折400Kとかにおちることはありますが、それがずっと続くわけではありません。
ほんの一時です。

ちなみに会社で時間ごとに検証した結果、日曜日にも関わらず下り平均が0.83Mの安定通信でしたね。
※会社は地形関係上若干速度が落ちてます。

夕方あたりがちょっとこむかな?くらいのもの。

これは契約してよかった。

もっと早くぷららの存在に気づいていれば、Biglobe3gなんて契約しなかったのに…。
違約金がかかるからさ、解約するのも…。

ま、どっちも使いながら、いずれはBiglobe3gは解約するつもりです。



ぷららを見習えぷららを( ゚д゚ )

あ、でも、ぷららを基本Wifi用にして、Biglobe3gをsimフリースマホで運用するってもの、ありかな?


私はオススメですよ、ぷららモバイル(*´Д`)
スポンサーサイト

なんとなく、考えてみた。


クラウドスマートフォン
Chrome Phone
Chrome Phone予想


モバイル用に最適化されたChromeOS、 ChromeOS mobileを搭載。
サクサク軽快な操作性。

gmail
googleカレンダー
picasa…

googleのサービスはすべて利用可能。

もちろん、google docsを使えば、officeだって利用可能!


すべてはwebアプリで!




…なんてね。
詳しいことはわからないけど、こんなのがでたらおもしろいなぁと思ってみる。
ま、今でもスマートフォンはかなりサクサク化してるので、ChromeOSとしての軽快さは、あまり目立たないかもしれないけれど。

でも、私はAndroidよりはchromeOSの方がいいな。
ネットブックとかタブレットとかでも。

スマートフォンとかネットブックとかでするのって、基本インターネットでしょう?
iPhoneとかだって、何やらアプリを使っても、結局インターネットにつながっているわけだし。

事実、私のiPodtouchも、ネットに繋がっていなければあまり使い道が無いです。
まぁ、音楽聴くとか、保存した動画を見るとか、そんなんだし。
というか、iPhoneであれiPodtouchであれ私は基本インターネットしかしないわけで、それだけ機能があればいいかなと。


だったら、それがChromeOSであっても、そこまで困る率が高くなることはないですし。



ただ、問題はバッテリーの面。
クラウド端末なので、常時インターネットにつないでいるわけで、そのバッテリーの減りはすさまじいのではないかと。
そこが気になります。

chromebookでは、かなり長時間使い続けられるらしいです。そこがウリなんですよね!
しかし、仮にスマートフォンで出来るとすれば…。
そしてこの長時間駆動ができれば、かなーり快適になるんだけどな。





などと言いながら、最近はスマートフォンはあまり使わなくなりましたがね(笑)

そういえば、そのままお留守になってしまったんですが、あのLIFEBOOK TH40/D(タブレットPC)の研究をしました。

とりあえず、高速化する。

とあるブログで、いろいろな人が言ってましたが、まずは視覚効果を制限すること、らしいですね。
これは、LIFEBOOK TH40/Dに限らず、どの手のPCでも有効な手です。
特に、Vista・7ではその効果は大きいです。

スピードが遅くなってきたな、と思ったら、余分な視覚効果ははずしたらいいですよ。

因みに
メニュー→コントロールパネル→システム→詳細設定のタブ→パフォーマンス(設定)→視覚効果
この中の、カスタムを選べば、自由に付けはずしが出来ますよ。

パフォーマンスを優先する にしてしまうと、本当に味気ない昔のPCになっちゃいますので、それは・・・ねw

半透明とか(Aero)とか、マウスの下に影を置くとか、気にならないようなものははずしちゃいましょう。

とりあえず、このおかげで、LIFEBOOK TH40/Dは格段に早くなりました。
ま、さくさくではないですがね。

んで、後はReadyboostを使うこと。
特に早い速度のUSB又はSDを使いましょう。

私は、クラス10の8GBSDカードを使用しています。
ま、それでも気休め程度でしょうけどね^^;


あとは、これはまだ解明できてないんですが、こやつ

CDブートが出来ない??

らしい。
というか実験済み。

軽さで有名な、Ubuntuを入れてみようと思ったんですが、これまた、
Wubiを使っても立ち上がらない、CDブートしようとしても立ち上がらない。
という始末。

なんで!?
わざわざ外付けDVDドライブ買ったのにっ!><

色々なブログを拝見するうちに、同じくCDブートできない方もいらっしゃったみたいですが・・・。

これじゃあどうしようもない・・・!!

せっかくLIFEBOOK TH40/DにUbuntuをいれて少しはサクサクプレイしようと思ったのに。


ちなみに、FRONTIERのネットブックにUbuntu11.10を入れてますが、サクサク快適ですさ!
CPU Atom N450 1.66Ghz
メモリ 1GB
HDD 250GB だっけ?

の分ですが、なかなか快適になりましたので^^

同じようにしてしまおう、よもや7があるのだから消すのはもったいなく、マルチブート(Wubiで)したいなーと思ったのに。夢崩れる。


なんか、もうLIFEBOOK TH40/Dの使い道が・・・(←

ま、コンパクトで、タブPCで、どこでもWindows7だからさ、いいんだけど。


今の優先順位としては

1.総合的な作業をするなら
FMV BIBLO型番知らぬ(Windows Vista)

2.ネット見たり、ちょっと文字打ち作業したりする(Twitterとかブログとか)なら
FRONTIER型番忘れた(Ubuntu11.10)

3.外出時のネットサーフィンとか簡単な調べ物とかなら
iPad
iPod Touch(4th)
IS12T

・・・それ以外
LIFEBOOK TH40/D(Windows7)(動作が)重い・鈍い。

使うとこないし(

それでも、キーボードもついてて便利だし、バッテリーの持ちがいいから長期作業できるし、お出かけにはいいんだけど。

んでUbuntu11.10が入れられたら、よもやマルチブートにできたら、
1と2の間くらいに入れられるんだけどねー。

ま、そんなもんかね、人生。

というわけで、またしても無駄なものを買っちゃいました←

最近7月?に発売されました、話題の富士通タブレットPC
LIFEBOOK TH40/D

を買ってみました。

いやー、もう衝動買い。いや、かなり悩んだ結果なんですよ。
いろいろ調べてみたり、調べてみたり。

でも、一番なのは自分で触ってみること、使ってみること!!

で、VISTAちゃんのサブマシン、ということで。


早速、比較してみましょうか、同じタブレット端末であるiPadと。

こちら
WP_000062.jpg
左がiPad、右がタブレットPC。
ぱっと見印象は、横長だなぁということ。
画面と外枠とが対照的なiPadとは違い、タブレットPCには画面下に白い枠がありますね。
そこにあるのはアクセスランプ。
タブレットPCなので、横でも縦でも使うことができます。
欲を言えば、iPadみたいに縦横もってもバランスよくあってほしかった。
…言いたいことわかるでしょうか?w

WP_000064.jpg
横置き縦くらべ
WP_000063.jpg
縦置き横比べ

どちらも、ちょこんとタブレットPCの方がでてますねー。

WP_000066.jpg
重ねちゃった

タブレットPCを正面(横)に持って縦の長さはiPadでほぼ隠れます。

で、肝心のうすさ。
WP_000067.jpg
iPadの約2倍あります。

ふっといじゃないですかぁ!!??


そうなんです。
というのも、実はこちら、キーボードが内蔵されているんです。


画面をがちゃんとあげると
WP_000072.jpg
こんなん出てくるんですよー!^^

WP_000073.jpg
横から見るとこんな感じ

そのためのあの太さなんです。
タブレットの不便さというのは、やはりこういうキーボードが無いこと。
だから薄くていいんですけど、長文うったりする分にはかなり重宝するんです。

だから、私はあえてキーボード内蔵型を購入したんです。


ま、だったらBluetoothキーボードでも買えばいいじゃないか、って話なんですが。
だったら、スタンドも買わないといけないでしょ?
スタンドにもなって、便利なんですよこれだと。


ちなみに、私の持つモバイルPCとの比較。
WP_000068.jpg

WP_000069.jpg

WP_000070.jpg
※重ねてます

WP_000071.jpg
ま、普通のモバイルPCとしてみたら、薄いでしょうね。

ちなみに、こちら。
OSがWindows 7 Home Premium SP1 32ビット。
これも選んだ理由。

普通にいままでのソフト等が扱えるんです。
最近、Android系タブレットがよくでてますが、私はそれは…。
なじみあるほうがいいんです。


なんて言ってるけど、これが結果的にストレスになろうとはね・・・。

こちらがスペック
CPU インテルAtomプロセッサーZ670 1.50GHz
メインメモリ 1GB
HDD 120GB
USBポート 2つ
SDHCカードスロット 1つ

一応私が気になるのは上記。

あ、タッチパネル(マルチタッチ)ですよ。


で、気になるのはやっぱりメモリです。

さすが1GB。
動きが。。。もっさりすぎる…。
いや覚悟はしてたんですがね。

7に1GBは、皆さんが言われる通り、少ないですねー。
これがまた別のOSだったらいいかもしれないけど。


サブマシンとしてはやはり機能しないですかね。
お出かけ用の外ネットPCなのかも。

いや・・・ネット用PCでもちょっとストレスかもしれない。

むしろそれならiPad持ってく方が効率はいいかも・・・


それを言ったらどうしようもない。←w


で、Readyboostも試してみます。
Windows7からはReadyboostの制限が解除されています。
最大8ポート?
合計256GBまでリムーバブルディスクのメモリを増やし、Readyboostさせることが出来るそうです。

大体、一般に言われているのは、搭載メモリの3倍が適当だ、といわれていますが・・・。
そこまで開放するメリットはあるんでしょうか・・・?

メモリ・・・多くて最高どれくらいつめるんだろう?
ネットとかで色々見た上では、9GBって言う人を見た気がする。
ということは、9×3で27GBのReadyboostでいいと思うけど・・・。

賛否両論。

Readyboostはメモリが多ければ多いほどいい。
というのと、
適切なメモリ数で行うのがいい。(すなわちメモリを多く設定しても無駄)
というの。


ま、とにかく、結果的には、この機種はヘビーユーザー向けではないです。
しかし、ライトユーザーであっても、このもっさり感は許しがたいと思う。

下手したらワタシ、またUbuntu入れちゃうかも・・・。

1GBメモリなら、Ubuntu使うほうが快適だった。

あの、同じようなCPU(ATOM?)と同じメモリ数でも、Ubuntu入れた方が動画もすいすいだし、動きもさくさくだった。

やっぱり、Androidの方がさくさくでよかったかなー・・・?
なんて言ってる事ちがうよねーw

さて、どうしようかね。

というわけで、ネットで調べた、少しでも軽くする方法というのを試してみたいと思いまして、今日はこれにて閉店です。w





てか、Readyboostの結果を書いてなかったけど、なんというか、体感・・・出来ない感じ。
デバイスがいけないのかな?

色々試してみよう。


しかし相変わらず文章のテンポがおかしいよねーww

ていうかさ、1ヶ月半前のブログに、iPod touchの記事載せていたことすっかり忘れて、また同じようなの載せちゃったことは内緒で(笑)

そんなわけで気を取り直して、auから日本初!
Windows Phone 7.5を搭載したスマートフォンが発売されました!!
8月25日発売でした。
その2日後に、機種変更に行きました。

これほどニュースになっていたので、売り切れとかあるのかなー?と心配してましたが、ま、そこまでじゃなかったと。普通にありました。

まぁ、Windowsですから、ね。知名度はもはやAndroidより低いでしょうから・・・。

待ち望んでましたよーー!!
つい最近、アマゾンから海外機器買おうかと、本気で悩んでましたからね。

はい、早速。

第一印象
おおお!!
なにやらスマート。
角ばったフォルムが、windowsのシャープさを際立たせます。
大きすぎず、小さすぎず。デザインも、ポップカラーというか、かわいいカラーバリエーションがありました。
シトラス・マゼンタ・ブラック。

が、私は素直にブラックに。

持ってみた感想
か、軽い!?
そんな驚くほどじゃないかもしれませんが、私からすればすっごいびっくり。
まさか中国製の偽者なんじゃ・・・と思うくらい見た目にして軽かったです。

あの薄さのiPod touchでも、IS12Tより若干重かった気がします。

使ってみた感想
まさに、今までのwindowsからは考えられない、サクサク仕様。
ストレスがありません。
それだけではなく、タップ時の切替アニメーションもこってて、アイコンが左にぺらぺらぺらっと開いていく動き。みていてサクサク。
詳細はYouTubeなどで。

それでいて、マルチタスク。
やはりwindowsはこうでなくては。
一時期、windows phone 7ではシングルタスクを採用、とまで言われていましたが、結局こうなりましたね。
しかし、それでいいんです。

で、一番のこだわりは、あのUIでしょう。
通称、メトロUI
Windows 8でも、このメトロUIが採用されると噂?

いわゆるホームには、正方形のアイコンが、最大2つを一列に、縦方向に並ぶようになっています。
スライドも、いままでのOSとはことなり、縦方向にスライドしていきます。
※ライブタイルと呼ばれています。

こんな感じ

□□ 
□□ >
□□ 
[ ]
□□
[ ]
□ 


□←正方形タイル
[ ]←横長タイル

このホームには、新着情報などの情報もでます。

そして、システム上変わったのは、
ハブといわれる、情報統合システムを使っていること。
これは、他のOSにはない機能ですが、早く言えば、一つの情報から、さまざまな情報へ紐付けされるという機能です。

ハブの中にある、Peopleハブについては、従来の電話帳機能があり、その気になる各「人」情報からtwitter・Facebookなどの情報へシームレスに切り替えることが出来るというシステムです。
今までは、その都度アプリを立ち上げ、チェックしなければいけなかったんですが、それも必要ない、ということ。
そういったシステムが、Game Hub・Picture Hub などいくつか準備され、構成されています。


あのー、PCのUSBハブを想像していただけたらいいでしょう。あんな状態。

触ってて楽しいUIですよ。



アプリもまだまだ少ないです。
ですが、恐らくiOSの新たな脅威になるのでは?
との見解も。
根拠はわからないです(←

しかし、現在使ってみる限りでは、一番未来的で、かつストレスがなく使えているので、これはいいんじゃないかな、と。

私はそう思います。



ちなみに、後日記載する予定ですが、Windows mibileとWindows Phone 7はもはや全く別のOSです。
なので、Windows Mobileが進化した!というわけではなく、新しく生み出された!が正しくなるのでしょうね。

情報が見つかり次第、記載していきます。


つづく


追記
私的高質レスポンス順位

iOS > Windows Phone 7 > Android > Windows Mobile

やはり、iOSにはかなわないでしょう。しかし、そのレベル差は極わずかにまで近くなっているでしょう。
iOSとの見えない壁は、もはや見えるレベルにまでなってるのではないか。

そう思います。

IS12T 黒
IS12T.jpg

Copyright ©Dear Cute. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。